2020.03.22 Sunday

【映画】天使のくれた時間

0
    今の私にドンピシャ。



    幸せに気付くの難しすぎ…
    2020.03.22 Sunday

    次回3月末サンデーうべ・おのだ

    0
      2020.01.31 Friday

      F様邸 玄関ドアクローザー、洗面室LED照明器具

      0
        ドアクローザーからオイル漏れがあり取替えました。

        あと洗面室の照明器具をLEDに替えました。

        Before



        After






        大きなリフォームだけじゃなくこういった仕事もたくさんさせて頂いております!
        2020.01.25 Saturday

        M様邸 あと一息

        0















          自分が想像していたよりも数段カッコイイ家になりました。




          今回もウチの予算は大丈夫なのでしょうか…(冷汗)










          久しぶりに映画以外のブログを書きました。

          ここ最近は数年前よりも確実に情熱は無くなってきています。
          なのに数年前と同等かそれ以上にいいものができています。


          職人さん・従業員・お客さん
          ワンチームの実感があります。



          ・敬意を持ってお互いに接する
          ・より良く、より親切にして感謝される喜びを知る
          ・今日一日の充足感に包まれる
          ・一番身近な家族に親切にする
          ・自分の時間を持ち内面を見つめる
          ・分かち合う


          ↑忘れないためのメモ
          2020.01.25 Saturday

          【映画】JOHN WICK2

          0


            1ほどではないけどもスッキリ
            2020.01.18 Saturday

            【映画】JOHN WICK

            0
              理由無し!
              かっこいい!
              痛快!










              https://kogusoku.com/archives/21010
              2020.01.12 Sunday

              【映画】ドリームハウス

              0
                シックスセンス的な感じかと思ってたのですが




                家族を大切にして幸せを実感しようという映画。

                いい映画でした。


                サスペンス?
                ホラー?
                家族愛?
                2019.12.28 Saturday

                【題名】ニュートンナイト、【題名】グリーンブック

                0
                  昨日と一昨日の寝る前にアマプラで映画をみました。

                  どっちもアメリカ南部の人種差別の話

                  ・ニュートンナイト
                  アメリカでは有名な人らしい
                  南北戦争時代に南軍から脱走し奴隷となっていた黒人の人たちと一緒に自由の為に戦う話

                  日本でもアイヌ民族の土地や文化を奪ったように、世界でも先進国が未開拓地に銃火器を持って行って象牙や香辛料などを奪い、さらには原住民を奴隷として自国に連れて帰るという酷いことをしてきた
                  (イギリスなんて中国にお金払いたくないからアヘン売ってた)

                  その結果が今の世界
                  今でこそ有色人種の大統領が違和感なく思えるが、ちょっと前なら外出許可証がないと家からも出れない時代だったそう

                  自由と平和ってすばらしい


                  言わずもがな、差別しちゃダメ
                  差別もいろいろあるので自覚しないといけないと思いました。


                  ・グリーンブック
                  こっちはもっと後の時代
                  アメリカ北部の黒人有名ピアニストが差別が酷い南部にツアーでまわりあちこちで差別を受ける
                  その運転手兼ボディガードのイタリア系アメリカ人との友情の話

                  ピアニストはどんな差別的な扱いを受けても常に紳士的対応で我慢する
                  ボディガードはそれに腹を立ててすぐ相手を殴る
                  ピアニストは暴力は負けだとボディガードに教えるが、そのボディガードに何度も助けられる
                  元々差別的だったボディガードは徐々にピアニストの知性や人間性に尊敬の念を抱くようになり、ピアニストも心あるこのボディガードを信頼し良き友となる

                  真の人間性はすべてを超えて調和する



                  「玉磨かざれば光らざる」

                  23歳、福祉の仕事を逃げるように辞めるとき、施設の利用者の方(70代後半の半身麻痺の女性)からもらった直筆の毛筆の色紙


                  「いいものもっとるはずやけ頑張り」
                  って



                  下ネタでしょうか?



                  今もウチの事務所に飾ってあります。
                  2019.12.27 Friday

                  入院 再手術

                  0
                    先週の血管内造影検査で、今年6月にコイル塞栓術をした前交通動脈瘤にあと2mmの隙間ができていました。
                    前回手術が大成功だったので油断して食事制限なしで食べ放題食べてました。
                    あと相変わらずの日々のプレッシャー(※あくまでもストレスでは無い)で血圧も高くなっての結果だと思われます。

                    先生も経過観察か再手術か迷われたとのことでしたが98%の状態を100%完治の状態に持っていけるかもしれないとのことで、再手術をお願いしました。

                    12/23 入院
                    12/24 手術・HCU(高度治療室)
                    12/25 HCU(高度治療室)
                    12/26〜28 病室で点滴付冬休み


                    前回入院の時はビジネス書を読み漁ってやる気満々に退院しました。
                    その後、役割分担という部分で会社がレベルアップしました。


                    今回はお客さんに借りた戦争もののフィクション文庫1〜4を読みました。
                    今回は特別やる気満々でもないですが、いい感じに抜けた感があります。
                    前回みたいに深く考えることもないし、退院したらこれをしよう!とかもありません。
                    いい感じに抜けました。
                    (除霊されたみたいな感じ)

                    また何かしらレベルアップするといいですね。





                    入院初日の夜、車椅子の患者さんがずっとグズってました。
                    おそらく65〜70歳くらいの男性。

                    あ〜腹減った

                    暇やけ呑み行ってこようかな〜

                    お菓子ちょうだい

                    などなどナースステーションで看護士さんたちに話しかけてました。

                    看護士さん大変やなと思って聞いていましたが、1人の若い看護士さんが子供をあやすようにして、寒くない?、そこで待てる?、とか言いながらずっと連れて回っていました。
                    ずっとグズってた患者さんもその後ずっとおとなしく言うことを聞いていました。

                    素晴らしすぎる!

                    退院前日にこの看護士さんが僕の担当になったので、この日のことを感心しましたと伝えると普通に喜んでくれました。
                    またこれでかんばれます!ですって

                    素晴らしすぎる!

                    2019.11.16 Saturday

                    【題名】野火

                    0
                      戦争の恐ろしさや無意味さを忘れてはいけないという映画。
                      あと帰還兵の生涯消えない心の傷。
                      実際、アメリカの帰還兵の何割かかなり高い割合でPTSDになって日常生活もまともに送れなくなっているそうです。

                      人間はもともと残酷と何かで読みました。
                      どうなんでしょうか。

                      この日常が平和で幸せだと気付くのは難しいので、私はよく戦争映画を見るのかも。



                      「人間の條件」もそうでしたが、極限の状況でも人としての行動がとれるようになりたいと思います。
                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << March 2020 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      profilephoto
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM